アキラ市場

歴史

HISTORY

アキラグループの歴史
HISTORY OF AKIRA GROUP

アキラグループの歴史

アキラ水産の前身は
現在の柳橋連合市場に創業の明百貨店。
創業時から変わらないこだわりと
チ一ムワ一クが社風です。

創業は大正7年。
現社長の祖父・栄次郎が、長男・明、次男・篤助とともに現 柳橋連合市場に長男の名を取った「明百貨店」を創業したことに始まる。
以来アキラグループは社名に「明」を受け継ぎ、「お客様第一主義」「薄利多売」という創業時からのスタイルを貫いている。

明百貨店

年表
CHRONOLOGY

1918 大正
7年
現 柳橋連合市場に「明百貨店」を創業
1943 昭和
18年
戦争の激化で「明百貨店」閉鎖
1947 昭和
22年
福岡市中央区の天神市場で鮮魚小売業を再開
1960 昭和
35年
鮮魚仲買業許可取得
1969 昭和
44年
(有)明商店を設立
1989 平成
元年
(有)明商店を(株)アキラ水産へ改組
1992 平成
4年
(株)コウトク水産を設立
2006 平成
18年
ISO9001認証取得
2007 平成
19年
加工場を開設
(株)一心を設立
2008 平成
20年
アキラ水産加工事業部を設立
2009 平成
21年
(株)安部水産を設立
2013 平成
25年
(株)アキラ・トータルプランニングを設立
2015 平成
27年
(株)四季海鱻を設立
2016 平成
28年
古賀工場開設
  • 明百貨店
    明百貨店
  • 明百貨店
    明百貨店
  • 鮮魚会館
    本社が入る福岡鮮魚会館
  • 古賀工場
    古賀工場

受章
AWARD

旭日雙光章を受章

藍綬褒章,旭日雙光章

アキラ水産会長兼社長の安部泰宏は平成17年に藍綬褒章、平成23年に旭日雙光章を受章しました。

昭和32年に明商店(現アキラ水産)に入社。鮮魚仲卸ではいち早く量販店やスーパーに目を向け、業界トップの地位を確立。近年は市場内に加工場を設けてオリジナル商品を開発するなど、加工や小売にも本格的に進出。

創業以来の「顧客第一」「薄利多売」をモットーに、業界およびグループ内に常に 新しい風を吹き込み、大きな足跡を践してきました。

また、全国水産物卸組合連合会副会長、九州地区水産物卸組合連合会会長、福岡市鮮魚仲卸協同組合理事長などを歴任し、福岡魚食普及推進協議会会長として魚食普及イベント「市民感謝デー」を毎月開催。これらの実績が鮮魚および仲卸業界への多大な貢献と認められての受章となりました。