アキラ市場

グループ会社

CGROUP COMPANY

アキラグループについて
ABOUT AKIRA GROUP

アキラグループ会社
AKIRA GROUP COMPANY

アキラ水産

現場での“人財”育成で「顧客第一主義」を実践
人こそが、商品価値を高める。

アキラ水産

アキラ水産は、
地場の量販店やスーパーへの販路を
他社に先駆けて開妬・確立し、
九州全域の鮮魚全般を大量に取り扱う
「薄利多売」で業績を伸ばし続け、
仲卸業界でトップの地位を築き上げました。

その屋台骨を支えるのが
「赤帽」と呼ばれる仲買人です。
「企業は人なり」の信念に基づき、
当社では現場での“人財”育成を重要視。
社長や幹部がセリの赤帽子をかぶって
鮮魚の目利きを行いながら、
仲買に必要な知識や判断力、行動力を
最低でも5年を掛けて
社員一人ひとりに徹底して身に付けさせ、
一人前のプ口に育て上げます。

また、風通しの良い職場環境づくり、
血の通った社風づくりにも努め、
IS09001による品質管理の重要性を共有。
常に社員のモチベーションを維持し、
商品およびサービスの価値を高めることで、
創業以来のモットーである
「顧客第一主義」を実践し続けています。

会社情報

本社 〒810-0072
福岡市中央区長浜3丁目11番3-711号
TEL.092-711-6601(代表) 
FAX.092-715-3293
代表取締役 安部泰宏
業務内容 鮮魚介類の仲買、不動産の賃貸
創業 大正7年
会社設立 昭和44年9月
従業員数 43名
資本金 4,850万円
年商 60億円

社長あいさつ

(株)アキラ水産取締役副社長上田浩祐

(株)アキラ水産取締役副社長

上田浩祐

私たちの目標とする安部社長は
セリではライバルでもあります。

セリはその日の水揚げによって変化する生き物ですから、奥が深いですね。
今、「小船」といって昼間に揚がる魚の売買に力をいれています。この仕事は、いつどんな船がどんな魚を水場げするかわからないので、情報力が勝負になってきます。
私たちの目標は、安部社長です。あの行動力とバイタリティには頭が下がりますね。

コウトク水産

企業未来力を育む向上心と競争心
グループ内競合で、社内活性化。

アキラ水産

コウトク水産は九州一円から
鮮魚介類を幅広く仕入れていますが、
一番の特色は
グループ内で唯一マグロを取り扱い、
冷凍物に強いこと。
大量販売はもちろん、
鮮魚店や料理店、寿司店向けの
少量販売にも対応しています。

仲買は”自分で仕入れて売りさばいて、
利益がいくら”という、
個人の仕事レベルや成果が
一目瞭然な、完全実力主義の世界。
同じグループ会社のアキラ水産とも、
現場では競合するライバル同士です。
常に全社員が向上心と競争心を持って
クループ内外で切磋琢磨し、
グループを活性化させることが、
「顧客第一主義」を実践する
大きな原動力にもなっています。

会社情報

本社 〒810-0072
福岡市中央区長浜3丁目11番3-704号
TEL.092-711-6615(代表) 
FAX.092-711-6619
代表取締役 﨑山勝喜
業務内容 鮮魚介類の仲買
会社設立 平成4年11月
従業員数 18名
資本金 1,000万円
年商 16億円

社長あいさつ

(株)コウトク水産代表取締役社長崎山勝喜

(株)コウトク水産代表取締役社長

崎山勝喜

「お客様のため」という気持ちで
日々のセリに取り組んでいます。

私たちが取り扱っている魚は主に近海モノや養殖モノで、これらをどれだけ安く仕入れて、お客様にどれだけ安く売るかが腕の見せ所です。
スーパーの場合は事前にチラシ等で商品の価格を消費者に提示するので、それに見合う価格でセリ落とすことが絶対条件ですね。思い通りにセリ落とせたときは、何物にも代え難いやりがいを感じます。

安部水産

グループに新たな力と可能性を――
「特種物」はお任せ、第三の仲卸。

アキラ水産

アキラグループの中で、
「特種物」と呼ばれる主に寿司種にするものを
取り扱うのが安部水産です。

もともとはアキラ水産の
営業部門の一つでしたが、
アキラ水産とコウトク水産の業務を
補完・拡充するために平成21年、
グループ第三の仲卸会社として独立しました。
サザエやアサリ、カキ、ホタテなどの貝類のほか、
エビやカニ、アワビ、ウニなどの高級食材も扱い、
量販店やスーパーから個人鮮魚店まで
幅広く対応しています。

アキラグループが業界トップとして長年培ってきた
「顧客第一主義」「薄利多売」の精神と、
確かなノウハウをしっかりと受け継ぎ、
お客様からますます
”求められる”仲卸会社を目指しています。

会社情報

本社 〒810-0072
福岡市中央区長浜3丁目11番3-711号
TEL.092-711-6610(代表)
FAX.092-771-6185
代表取締役 安部彰一
業務内容 鮮魚介類の仲買
会社設立 平成21年5月
従業員数 4名
資本金 800万円
年商 6億円

社長あいさつ

(株)安部水産代表取締役社長安部彰一

(株)安部水産
代表取締役社長

安部彰一

毎日、大きな使命感とやりがいを
実感しています。

私たちは、「特種物」に特化して仕入れており、アキラ水産、コウトク水産のようなグループ内競合というスタイルとは一線を画します。
とはいえ、実力主義の仲卸業界にいるのは同じ。加えて、貝類特有の商品知識や目利き、情報力を求められるため、独特の責任とプレッシャーを感じながらセリに臨んでいます。
その分、やりがいも大きいですね。
私たちの目標は、安部社長です。あの行動力とバイタリティには頭が下がりますね。

一心

冷凍・塩干物を専門に、
(株)アキラ・トータルプランニングと連携

目指すのは、組織の拡充と販売強化

一心

(株)アキラ・トータルプランニングで製造した
商品や、
冷凍魚介類と塩干物を
専門に販売するため
平成19年に設立したのが株式会社一心です。
取り扱う商品の種類も豊富で
塩サバや塩サンマ、
冷凍エビ・カニ・ホタテ、明太子、ちりめんなどを
スーパーや量販店、鮮魚店などに
幅広く販売しています。
時化などで十分な量の鮮魚が確保できない場合、
代替品としてお客様へ冷凍物を提供するなど
融通のきく対応も可能です。

会社情報

本社 〒810-0072
福岡市中央区長浜3丁目11番3-715号
TEL.092-711-6180(代表)
FAX.092-711-6185
代表取締役 樋口恵治
業務内容 冷凍魚介類、塩干物の販売
会社設立 平成19年5月
従業員数 3名
資本金 500万円
年商 5億円

社長あいさつ

(株)一心代表取締役社長樋口恵治

(株)一心
代表取締役社長

樋口恵治

思いのこもった品揃えと価格で、
お客さまの期待を超えたい

日本の水産業は大きな転換期をむかえています。
冷凍・塩干物事業においても、スーパーの冷凍食品コーナーを見ればわかるように、需要の高まりと多彩な品揃えに対応することが最重要課題というのが現況です。
その中で私たちが今すべきことは、商い本来の目的である『お客さまのため』と言う信念を強く持ち、私利私欲のためではなく、お客さまのために本気になり、良い品をより安く提供することと考えております。
安部会長の信念「魚食普及」を実現するため、思いのこもった品揃えと価格で、お客さまの期待を上回る会社づくりを目指してまいります。

アキラ・トータルプランニング

オリジナル商品で魚食普及を図り販路を拡大
市場を飛び出して九州へ、全国へ。

一心

サービス付加価値の向上を目的に、
平成19年、鮮魚市場西卸売場棟内に
鮮魚加工場を他社に先駆けて開設。
翌年に加工事業部を、
平成25年に(株)アキラ・トータルプランニングを
発足させました。

アキラ・トータルプランニングの強みは、
どこにも負けない鮮度の良さ。
鮮魚をセリ落としてすぐに
上の階にある工場で加工することができます。

1次加工、2次加工、3次加工の三段階で
効率性を重視。
異物混入を防ぐ金属探知機や、
殺菌・保存のための急速冷凍機を完備し、
術生・品質管理にも
細心の注意を払っています。

会社情報

本社 〒810-0072
福岡市中央区長浜3丁目11番3-704号
TEL.092-732-6668(代表)
FAX.092-732-6610
長浜工場 〒810-0072
福岡市中央区長浜3丁目14番1-2F
TEL.092-732-6668(代表)
FAX.092-732-6610
古賀工場 〒811-3105
福岡県古賀市鹿部335-66
TEL.092-710-8228(代表)
FAX.092-710-9889
代表取締役 原田昌美
業務内容 鮮魚介類の卸小売及び加工販売
会社設立 平成25年10月
従業員数 12名
資本金 300万円
年商 13億円

社長あいさつ

(株)アキラ・トータルプランニング代表取締役社長原田昌美

(株)アキラ・トータルプランニング
代表取締役社長

原田昌美

魚食普及の要となる加工食品の普及に
全力で取り組んでいます。

弊社の事業は、新鮮な魚をおいしくて食べやすい形でお届けしたいという想いから生まれました。 加工場が卸市場の2階にあり、その日に競り落とした新鮮な素材がすぐ手に入るので、鮮度を生かした商品をお届けしています。
2016年には福岡県古賀市に加工場を新設し、原資材管理や調理、加工、冷凍保存など品質管理に細心の注意を払い、“本当に喜ばれる鮮度を贈る”をモットーに、商品を開発、加工、販売しています。
弊社が運営する通信販売サイト「アキラ市場」では、玄界灘の天然真鯛を使った鯛茶漬けや、希少価値の高い赤むつ(のどぐろ)の一夜干しなどがお求めいただけます。ぜひご利用ください。

四季海鱻

お客さまのリアルに触れる店舗販売に進出
売り場の声をダイレクトに反映させた品揃え

一心

四季海鱻は福岡市東区アイランドシティの
青果市場内にある、
アキラ水産グループの直営店舗です。
長浜の鮮魚市場でアキラ水産が競り落とした
新鮮な魚を食べやすく加工して販売。
流通ルートをシンプルにすることで
新鮮な魚をお値打ち価格でご提供しています。
道の駅や、月に一度長浜の鮮魚市場で行われる
市民感謝デーの賑わいから分かるように、
生産者や販売者の顔が見えるという安心感は、
ますますニーズが高まっています。
また、大間のマグロや関アジ関サバなど
ブランド力の高い魚は、
魚介類の消費量が減っているにもかかわらず、
高い人気を保っています。
四季海鱻は仲買を中心とする
アキラ水産グループにおいて、
唯一のエンドユーザー向け事業部。
商品を買われたお客様の反応を、
ダイレクトに感じ取れるメリットを活かして
品揃えを改良し、
他の店にはない
オリジナルブランドの確立を目指しています。

会社情報

本社 〒810-0072
福岡市中央区長浜3丁目11番3-703号
TEL.092-711-6601(代表)
FAX.092-715-3293
売場 〒813-0019
福岡市東区みなと香椎3丁目1番1-103号
TEL.092-692-1984(代表)
FAX.092-692-1986
代表取締役 西村研吾
業務内容 生鮮冷凍魚介類、塩干物販売
会社設立 平成27年11月
従業員数 1名
資本金 300万円
年商 3億円

社長あいさつ

(株)四季海鱻代表取締役社長西村研吾

(株)四季海鱻
代表取締役社長

西村研吾

直販ならではの緊張感と達成感。
福岡の魚文化をさらに豊かにしたい。

こんにちは。2016年よりアイランドシティの青果市場で魚食普及に邁進している四季海鱻です。青果市場で働く方や近隣にお住いの方が、新鮮な魚を求めて当店にお越しになりますが、福岡は独特の魚食文化があり、魚に対する舌も肥えているので、毎日が緊張感と達成感の連続です。
当店で扱う魚介類は毎朝長浜から直送されるので、とにかく鮮度が高いのが自慢ですが、素材の良さに甘えることなく、お客様のニーズを満たすことに重きを置いたサービスと工夫を心がけています。どうぞよろしくお願いいたします。